作業後の手入れで綺麗を維持!~草取り・抜根・剪定の後は~

スピーディーなプロの作業で庭や門が見違える! スピーディーなプロの作業で庭や門が見違える!

草取り・抜根・剪定後のケア~キレイな門まわりを維持~

専門業者に庭や門まわりの草取りや抜根、剪定を行なっても、しばらくすると雑草は増えていきます。しかし、雑草を生えにくくする工夫をすることで、綺麗な門まわりを維持出来るようになります。どのような工夫をしたらいいのか見ていきましょう。

雑草対策

コンクリート以外で雑草の生えにくい土を使用したい
庭や門まわりで使用するなら土で作られたコンクリートがあります。土に近い素材ですが、水をかけるとコンクリートのように固まります、色は茶色なので庭にも馴染んで違和感はありません。この土は重量があり、作業で土を水平にするのが難しいため業者に頼むと良いでしょう。
自分で出来る対策方法は?
除草シートを敷くと雑草対策することが出来ます。シートは100%天然のものを使用すると排気する必要がなく、自然と土に還せます。ですが、シートを敷いた状態のままだと見た目が悪いので、シートの上から砂利を敷くことで違和感がなくなります。
門まわりをキレイに見せたいです
綺麗に見せたい場合は、木の皮部分を粉砕したバークチップや、木の中の部分を粉砕したウッドチップを敷くと良いです。ウッドチップを敷くことで、見た目が良く庭の雰囲気を壊すことはありません。しかし、雑草に対しては、あくまでも防止という認識で使用することになります。

まとめ

業者の草取りや抜根、剪定の後はこのような方法で雑草を予防することが出来ます。業者に剪定を依頼するときは、自分でもカットしやすい形にしてもらうといいでしょう。このような対策で今後の手入れが楽になります。

除草剤を塩で代用

塩

薬品を使用したくない人は、塩で代用しましょう。塩を溶かした水を撒くことで雑草を枯らせる効果があります。しかし、考えて撒かないと、枯らしたくない草木まで枯れてしまうことがあるので注意が必要です。効果が出る分、使用する際は気をつけましょう。

TOPボタン